カルチャーリンク ペコ・ガーデン 英会話教室 ビジネス翻訳・通訳
会社案内    
トップページ > HTML >英会話教室
幼児英会話をお考えのお母様方へ  

幼児期の英語教育が、空前のブームですが、お母様も、どんな先生が良いのか、どんな塾が良いのか、
又、果たして幼児期から英語教育が必要かどうかでも大いにお悩みかもしれませんね。

カルチャーリンクはここで、その疑問に少しでもお答えできるお手伝いをしようと、
カルチャーリンクの運営方針と よくある質問のQ&Aを用意しました。

 
幼児教室
 

幼児教育に対する考え方
幼児の言語教育は、言葉の壁、国の壁などと言う概念そのものが存在しません。
おおよそ2歳から5歳の間の言語能力が最も能力が育つ時期を「言語の臨界期」と呼び、
この時期に日本語のみならず第二言語を教えることが最も効果的と言われています。
(子供が両方を混同する事はありません。)
以後は一旦身に付けた語学力の維持に配慮すると共に、
その後の日本の学校教育につなげる事が大切です。
この臨界期に本物の英語を聞き、異文化も体験できるよう、
講師は全員幼児教育のベテランである外国人です。
これらの講師が担任制で指導します。

DISCIPLINE 躾、

ENJOY 楽しみ、

SUCCESS 成功。

  これが私たちの目指す幼児教育です。

 DISCIPLINE
異なる文化圏にあっても、世界共通の価値観として受け入れられるものも数多くあります。
この共通の価値観を躾という観点から、英語を媒体として、しっかりとした、
人間教育に繋げます。そのため、教師は、全員まず幼児教育の専門家であり、かつ、
ネイティブ スピーカにより実施します。

 ENJOY
教育は、まず、異文化を受け入れる楽しさからはじめ、次に、 日本文化と異文化の
共存を教え、さらに、異文化の中でも平常心で、 挑戦できる能力開発を目指します。
  
 SUCCESS

「話す英語」は、おおむね5歳児で完成させます。
以後は、その会話能力の維持を図り、また、受験戦争における勝ち残りプログラムや、
海外留学のサポート等、成長に合わせた、支援を行います。


 カルチャーリンクの運営方針

1、親の時間の有効活用が図れるよう、教室は、アクセスの良い場所に開設し、
   時間帯も柔軟なプログラムを準備しています。

2、
教育費の負担をできるだけ抑え、良質のプログラムを提供いたします。

3、Safety is Paramount.安全をすべてに優先します。

 
プリスクール
 
 英語での保育。
2歳から幼稚園入園前までのお子様。
 
毎日子育てで大変なお母様が、一息つきたいときや、身軽にお出かけされたい時等、
お子様をお預かり致します。
その間、お子様は外国人講師との遊びの中で、自然に英語に触れ、馴染み、
いずれ始まる 英語学習をを
スムーズにスタートさせられるように基礎作りが出来る 、
一石二鳥の コースです。
成人教室  
 
海外赴任直前のビジネスマン
外資系会社に就職する人
留学準備、英会話能力の向上を目指す等あらゆるニーズに対応できます。


  ・クラス編成 1クラス5名まで。
          週一回担任制
  ・レベル分け 上級
          中級
          初級
          各種受験コース(TOEIC・英検等)



教室ご案内
 

西明石教室      明石市西明石西町1-1-2 メゾン・ド・プラジュ201
               成人・児童英会話



料金ご案内
 

入会費  ¥10,000    
教材費  
¥3,000  (1年分)

1.西明石教室
   (46回/年。1クラス5名まで。1回60分授業)  

             明石市西明石西町1-1-2 メゾン・ド・プラジュ201   成人・児童英会話

レッスンの種類
 
 
税金
 
合計
備考
グループ
¥8,500
¥680
=
¥9,180
 
プライベート
  ¥22,000 
¥1,760
=
 ¥23,760
 
プライベートグループ
 ¥13,000
¥1,040
=
 ¥14,040
 
ドロップイン
¥5,500
¥440
=
¥5,940
1回/一時間
¥5,940
×
回数
要予約

 


2.プリスクール
  (2歳〜。延長可能 700円/時間)

   1回¥3,000 (1回/3時間)

 



                   

お母様方からのよくある質問・Q&A  


Q: まだ日本語もたどたどしいのに日本語と混同しないの?
A: 大丈夫です。たとえばお父さんが外国人、お母さんが日本人の場合が良い例です。

子供は同時に二ヶ国語を習うことができます。


Q: 発音は早く始めるほうがよくなるの?
A: そのとおりです。発音に対してだけ言えば早いほど効果があります。

ほぼ6歳までが大切な時期です。

Q: 日本人の先生ではだめなの?
A: 残念ながら答はだめです。

言葉はその裏に生活そのもの、もっと言えば文化(カルチャー)の裏付けがあります。
例えば「宜しくお願いします」と日本人が良く使いますが、外国人は全く意味が分かりません。
対応する英語の言葉も見当たりません。外国人には「これをこのようにしていただけますか?」と
具体的な指示が必要です。このような生活文化による微妙な違いは日本人では教えることが難しいのです。

Q: 昔の英語教育は何年経っても話せなかったのですが?
A: 今の幼児英語の主流は音から入ります。

これをフォ二クスといいます。簡単に説明すればA-エーと読みますが、言葉の中ではA-ア(たとえばアップル)
と読みます。その規則性をマスターすれば5歳児でも簡単な読みはもちろんのこと、発音、会話の
上達も早いことが証明されています。

Q: 幼児英語教育における良い先生の条件は何ですか?
A: 英語そのものの教授法には先生による差はあまり認められません。

しかし、幼児期にどんな先生に教育してもらったかは人格形成にまで影響します。
したがって、幼児英語教育においても、言うまでも無く子供達を愛し、なお且つしっかりとした、しつけの出来る先生が、
良い先生といえます。残念ながら多くの英語スクールには先生自身の幼児期のしつけが疑われる若い先生も
少なくありません。それほど良い先生に巡り合うのは、難しいということです。


Q: カルチャーリンクの先生選びは?
A: 幼児教育の専門家で、専任の外国人です。パート雇用の教師は原則的に止めています。

担任制度で子供の成長をしっかり見守りながら、グローバルスタンダードで、しつけをしっかりやって行く姿勢が
多くのお母様から安心という声をいただいています。


Q: 月謝以外に教材など購入の必要は?
A: ほぼありません。

ゲームなどで楽しむことから始まり1・2年後に(4〜5歳以上)は読み書きに入ります。
そのときには教科書・ワークブックを実費で購入していただきます

カルチャーリンクでは、ひとりひとりのお子供の成長を楽しみに宝石を磨くような気持ちで育んでおります。

何でもご相談ください。


その他ご質問等がございましたらご遠慮なくご連絡下さいませ。

 
homeへ