カルチャーリンク ペコ・ガーデン 英会話教室 ビジネス翻訳・通訳
会社案内    
トップページ > HTML >ペコ・ガーデン
幼稚園・保育園の経営者の方  


幼稚園・保育園の経営者の皆様

幼児英語教育は実力と実績のカルチャーリンクにお任せください

中央教育審議会により小学校からの英語教育が提唱されている昨今、保護者様が幼稚園・保育園を選択する要素のひとつとして、
英語教育の充実した園に子供を通わせたいとの声が日増しに高まっています。

経営者の皆様も英語教育の導入は考えているが何から手を付けて良いのか分からない。
外国人講師を雇用するにも、募集方法、就労手続き、社会保険、給与などの問題や、またどこかの派遣会社に依頼するにしても
良い講師を派遣してもらえるのだろうか、等など数々の疑問と不安で一杯のことと思います。

カルチャーリンクは、独創性ときめ細かな調整により各々の園の教育方針と英語教育プログラムとの整合性を持たせた独自の
カリキュラムを開発することで、これまで、8つの幼稚園保育園で、10年間の幼児英語教育の実績を重ねています。

また、一歩進んで、英語のみによる幼稚園教育いわゆるプリスクールの経営をお考えの園には運営のお手伝い及び
経営のご指導もさせていただいております。

いずれの場合でも、派遣講師は、幼児教育の大ベテランで、日本人には難しい国際的に通用する躾も共にできる精鋭講師陣を
揃えております。

初めて英語教育を取り入れてみたいとお考えの園、既に外国人講師による英語のカリキュラムは持っているがどうも満足できない、
とお考えの経営者の皆様、是非カルチャーリンクに一度ご相談ください。ホームページ(ペコガーデン)より


ペコ・ガーデンとは  
 
2歳児から5歳児の通園園児を対象にした幼児英会話教室です。

  「言葉・異文化の壁を感じないグローバルな感性を育てよう」を合言葉に、幼稚園の協力により、カリキュラムの中で行います。
加えて、放課後のクラブ活動として、10人程度の少人数での英語学習、
躾教育を行っています。

  カリキュラムとクラブ活動の週2回ペースはこの年齢の学習としては
理想的です。
 
  “遊びの中で英語に自然に触れる”本格的な英語教育に入る前の
地ならしが、ペコ・ガーデンです。

   

 
ペコ・ガーデン開設の幼稚園・保育園
 
 宝地院保育園

 長寿院保育園

 和坂保育園

 チャイルドハート
ペコ・ガーデンカリキュラム  

年齢
1 〜 2 才
年齢
3 才
年齢
4 才

年齢
5 才〜


ABCソング             ビンゴ            ホッキーポッキー

 ハローソング           きらきら星          幸せなら手をたたこう

カード

フラッシュカード

色・形  反対語  動物  乗り物

絵本

読み聞かせ

ゲーム

アルファベットに馴染む

体を動かし動詞を覚える
会話

挨拶・名前など

疑問文の練習

英語劇

なし

なし
なし
ももたろう

テキスト

なし
なし
なし
My ABCstory book

回数

年間36回

月謝

6,000円 (テキスト別)

                   

皆様からよくある質問 


Q.
時間・場所は?
A. 園の保育時間内です。場所は保育園の教室をお借りします。

保育園の園児向けクラスは、園の保育時間内に、園の教室をお借りして行いますので、移動は有りません。小学生クラスは、
学校から帰られる頃に合わせて行います。送迎が必要な場合は、保護者の方でお願い致します。


Q. クラス人数は?
A. 最大10名です。

クラス人数が多くなると、生徒さんの発言の機会が減ってしまったり、目が行き届かなくなったりしますので、
10名を超えないように、クラス編成を行います。

Q. 文法の授業はありますか?
A. ありません。

学校で習うような文法の授業は致しません。会話の中から自然に文法が身に付くようにしていきます。

Q. 月謝以外に何か費用がかかりますか?
A. いいえ

消費税も材料費も月謝の中に含まれています。ただし、5歳児ごろからテキストブックを使用することもありますので、
その場合は、各人に実費で購入していただきます。

Q. 退会したいときには?
A. 余分に頂いたお月謝はお返しします。

1ヶ月前にはお申し出下さい。月謝は月々引落されますが、すでに引落されている場合には、お返しいたします。

Q. カルチャーリンクって会社は?
A. 創業15年になります。

1991年から英語教室をはじめ、1996年に株式会社になりました。大手会社の社員向け英語教育をはじめ、
淡路で行われた花博では翻訳、通訳部門を担当させていただきました。特に幼児英語教育には力を注ぎ、
単に英語教育のみならず人を育てることをモットーに運営しています。留学生も多数海外に送り出しました。

その他ご質問等がございましたらご遠慮なくご連絡下さいませ。

homeへ